subsclamp.com

subsclamp.com

サブスクの導入で、お客様の潜在的ニーズを叶える美容室『ivory』。

2020.09.17

インタビュー

誰でも簡単にサブスクリプションビジネス(定額制サービス)がはじめられる「サブスクランプ」。

北海道札幌市にある美容室『ivory(アイボリー)』では、トリートメントのサブスクを展開したことで、お客様の満足度を向上させています。

今回は、『ivory(アイボリー)』オーナーの田中様にお話をお伺いました。

オーナーインタビュー

ivoryオーナー田中さん

―サブスクを始めようと思ったきっかけを教えて下さい。

コロナの影響で、お客様の来店が少ない時期が2ヵ月くらいあった際に、我々美容師はお客様がいないと活躍するフィールドが失われるので、お客様が来る理由になるサービスがないかなと思ったことがきっかけです。

そこで自社でできることからサービスの内容を考え、その中でもトリートメントのサブスクが一番しっくりきたので、スタートしました。

―サービス内容(トリートメントのサブスク)はどうやって決めましたか?

うちの美容室では元々、特にトリートメントに力を入れており、何ヵ月に1度必ずトリートメントを受けられるお客様が多くいらっしゃいました。

サブスクで通常通われるよりも、よりお得にトリートメントを受けることできれば、お客さまに喜んでもらえるんじゃないかと思い、トリートメントのサブスクに決めました。

オーナーインタビュー

―サブスクを始めて、変化はありそうですか?

サブスクを始めたことによって、今まで美容室にはなかった、休みながらでも売上を担保できることが叶えられそうです。スタッフの福利厚生にも繋がると感じています。

―「サブスクランプ」を利用しようと思ったきっかけを教えて下さい。

集金の手間を省きたかったので、そこを解消できるシステムを探していましたが、初期費用がかかるシステムが多く、その中でも「サブスクランプ」は、初期費用がかからないので、初めて行うビジネスでも「サブスクランプ」であれば始めやすいと思い、利用しました。

―「サブスクランプ」を導入する前、課題はありましたか?

集金業務の面、サブスクサービスの価格設定の面が課題でした。サービスの価格は、僕らが価値を作るので、安すぎても高すぎても良くないと悩んでいました。

―「サブスクランプ」を導入した後、その課題は解決されましたか?

集金業務の面では、「サブスクランプ」を導入したことで解決しました。サービスの価格の設定については、手探りではありますが、適正な価格を決めていければと思っています。

オーナーインタビュー

―ありがとうございました。

サブスクランプは、お客様の来店受付がスムーズに行える「電子チケット(QRコード)発行機能」があります。

電子チケット発行機能

利用回数制限が設定可能で、来店されたお客様に顧客別QRコードが自動的に発行され、店舗で使用するスマホから読み取れば、顧客認証、利用回数の計測が行えます。

information

『ivory(アイボリー)』

住所:北海道札幌市中央区南2条西2丁目23-1 オカダビルB1F
営業時間:<月・木 11:00~20:00><水・金 12:00~21:00>
<土曜 10:00~19:00><日・祝 10:00~18:00>
TEL:011-205-0021

HP⇒https://ivoryhair.amebaownd.com/
Instagram⇒https://www.instagram.com/ivory_sapporo/
トリートメントサブスク⇒
月額3,300円(税込)コース【https://subsclamp.com/user/service/199/detail
月額5,500円(税込)コース【https://subsclamp.com/user/service/198/detail
月額7,700円(税込)コース【https://subsclamp.com/user/service/200/detail