サービス作成に伴う審査について

サブスクランプでアカウントを作成し、サービスを作成・運営する際には所定の審査が必要となります。下記に注意事項をご説明いたしますので、審査について、取扱禁止のサービスについて、また禁止行為(条件)についてご確認いただいた上でサービスの作成・運営をいただきますようにお願いします。

アカウント審査について

サブスクランプでサービスを作成するためには、会員登録後に行われるアカウントの審査を通過する必要がございます。なお、審査に必要な情報、必要書類は個人/法人により異なりますのでご注意ください。

アカウント審査について

  • サブスクランプでサービスを作成・運営するにあたり、サービスを作成・運営される方は個人・法人の情報を入力いただく必要がございます。
  • アカウント審査に際し、弊社より記入いただいた電話番号・メールアドレスにご連絡を差し上げ、入力内容の確認やサービス作成にあたってのご注意を説明することがございます。そのため、必ずご連絡のつく電話番号・メールアドレスを記載いただきますようお願い申し上げます。
  • また、後述するサービスの運営責任者の身分証明書の画像を添付いただく必要がありますので、ご準備の上審査をお願いいたします。

提出書類

サービス運営責任者の身分証明書の画像

  • 下記いずれかの書類をカラーで、スキャンまたはデジタルカメラ、スマートフォンで撮影してください。
    • 運転免許証
    • 在留カード
    • マイナンバーカード
    • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • jpg、pngのいずれかの形式で保存し、8,000ピクセル x 8,000ピクセル以下、5MB以下の画像で提出ください。
  • 必ず原本をカラー画像で撮影してください。(コピーの撮影は不可です。)
  • 身分証明書が内容がわかるよう撮影してください。画像に占める身分証明書の割合が少なすぎると審査が出来ない場合がります。
  • 法人アカウントの審査の場合、登記簿の写しの画像をご提出いただくことがございます。
  • 必要な場合は弊社より別途ご連絡しますので、ご準備いただきますようお願いします。

サービス審査について

サブスクランプで作成したサービスを公開するためには、弊社のサービスの審査を通過する必要がございます。審査前に下記の内容に抵触ていないかを御確認の上、審査いただきますようお願いいたします。

1.禁止サービス(役務・商品)

サブスクランプでは下記のサービスの作成、お取り扱いを禁止しています。
また、下記の禁止しているサービスは一例であり、こちらに記載がないものでも審査の段階でお取扱いをお断りさせていただくサービスもございます。あらかじめご了承ください。

禁止サービス 利用規約該当箇所 禁止サービスの一例
個人の健康特定商取引法に定められた禁止行為に該当する行為をおこなっていないこと、また直近5年間に同法による処分を受けていないサービス(https://www.no-trouble.caa.go.jp/action/result_currentyear.html)を害する可能性があるもの サービス提供者向け利用規約第3条(1)
消費者契約法に定められた消費者に取消権が発生する原因となる行為をおこなっていないこと、また直近5年間に同法違反を理由とする敗訴判決を受けていないサービス サービス提供者向け利用規約第3条(2)
クレジット、ファイナンス商品、金融または法律サービス、バーチャル通貨、電子マネーを取り扱っていないこと サービス提供者向け利用規約第3条(3)
  • 債務整理、クレジットカウンセリング
  • リース、貸金、キャッシング
  • 金融商品の販売
  • 送金、資金移動
  • 仮想通貨取引
  • 投資の指南
無許可で、著作権などの知的財産権を使用や利用する行為(音楽や映画の配信等)を行っていないこと サービス提供者向け利用規約第3条(4)
  • 音楽、映画等著作権者に許諾を取ることなく配信、販売すること
  • 他人のプライバシーを侵害するサービスを販売すること
  • 他人の商標を無断で使用し、使用した商品等を販売すること
偽造または違法商品、ギャンブル、煙草販売(たばこと電子たばこ含む)、MOTO(メールオーダーやテレフォンオーダー事業)、年齢制限のプロダクトまたはサービス、コンタクトレンズ、印鑑、労働者派遣、医薬品販売サイト、その他法令において違法とされる商品やサービスの販売を行っていないこと サービス提供者向け利用規約第3条(5)
  • 偽ブランド商品の販売
  • 輸入が禁止されている商品の販売(例、麻薬、覚せい剤、向精神薬等の薬物、児童ポルノ、武器、偽造紙幣等)
  • 賭博、富くじの販売または公営ギャンブル予想情報の販売
  • タバコ(電子タバコ含む)の販売
  • 医薬成分を含む食品、医薬品、医薬部外品、検査キット、サプリメントの販売
  • 資格なく個人が製造した化粧品、美容品、石鹸、洗剤や消毒液、消臭剤などの化学製品の販売
  • 資格なく個人が調理、加工した飲食物の販売
  • 無許可でおこなう派遣、職業紹介
論文作成サービス、アダルト商品またはサービスや国際結婚斡旋事業(メール・オーダー・ブライド)を行っていないこと サービス提供者向け利用規約第3条(6)
  • 論文作成代行
  • ポルノ、わいせつ、性風俗に関する情報の提供・販売
  • アダルトグッズの販売
  • 下着、制服、水着、体操服、制服等の被服の販売
  • 売春、援助交際のあっせん
  • 国際結婚のあっせん
アグリゲーター、麻薬関連、テレマーケティング、ソーシャルメディア活動(フォロワー登録、いいね登録等)の販売、ゲーム内通貨またはアイテムの販売、個人に対する寄付金などに関連する事業を行っていないこと サービス提供者向け利用規約第3条(7)
  • 無許可で行う決済代行、収納代行
  • 麻薬、覚せい剤等(注射器含む)の販売
  • SNSのフォロワー、「いいね」等の販売
  • ゲーム内通貨、アイテムの販売
  • 寄付金、献金の募集
その他、弊社が不適格と判断する事業を行っている場合 サービス提供者向け利用規約第3条(8)
  • その他各種法令で販売に規制があるもの(古物、チケットの転売等)で販売資格のないもの
  • 科学的に根拠のない、または迷信など利用者に不安を与えるもの
  • 「運気上昇」や「波動」、「オーラ」等非科学的な表現を用いた商品(占いを含む)
  • ねずみ講、連鎖販売取引等違法な違法な取引へ勧誘をおこなうもの
  • 人体、臓器、細胞、血液などの人物、動物の一部を販売するもの
  • 投資、ギャンブル、仮想通貨、暗号試算などに関わる全ての取引
  • 契約者の収益、収入の向上を目的とした取引
  • 乳幼児、子どもを対象とした役務
  • 当社が契約者が享受できる役務内容がわからなかったサービス
  • その他、弊社が不適切だと判断したサービス

飲食店におけるサービスなど、役務の提供に際して資格、許可証が必要なサービスにおいては、審査とは別に資格や許可証の有無を確認させていただく場合がございます。予めご了承ください。

2.禁止条件・行為

サブスクランプでは下記の行為をすることや、サービス契約者への不利な条件を提示することを禁止しております。
また、下記の禁止内容は一例であり、こちらに記載がないものでも禁止行為・条件に抵触する内容もございます。
なお、サービス運営中に契約者に下記の内容を行ったことが判明した場合、事前のご連絡をせずアカウントの凍結や、法的措置も含めた対応を取らせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

分類 禁止条件・行為の例
不適正な情報を提供する
  • 重要な事実につき、虚偽または客観的事実でないことを伝えて勧誘をおこなう。
    • 例:持病の解消に絶対効くと言われたが、何度飲んでも効かない。
  • 不確かなことを断定して勧誘をおこなう。
    • 例:「半年後には絶対月10万稼げるようになる」と言われたが、稼げていない。
  • 不利益となる事実を告知しない。
    • (例)販売対象のサービスにつき、今後値下がりすることを知りつつ、今が買い時と伝える。
必要かつ適正な表記がなされていない
  • (商品提供サービスにつき)「送料」や「組立代」など、商品本体以外にかかる費用が明記されていない。
  • (商品提供サービスにつき)商品の引き渡し時期が明記されていない。
誇大広告となる表記
  • 著しく事実と異なり、また著しく優良であると誤認させる表記。
    • 例:誰でも文章をコピーするだけで、収入を得られます。(実際は、収入を得るためには資格が必要だった。)
不承諾広告メールの送信
  • ユーザーが承諾していないにも関わらず、電子メールによる広告を送信する。
返金・返品・解約
  • 「返金・返品は一切受け付けない」と取り決める。
  • 返品、返金、解約についての記載がない。
  • 返品に対応すべき状況なのに、返品を拒絶する。
  • 正当な理由なく、解約に応じない。または解約の方法が「電話だけ」など限られている。
サブスクランプにおけるユーザー登録内容の悪用
  • ユーザーの個人情報を用いて、またユーザーから個人情報を聞き出して「訪問販売」「電話勧誘販売」等をおこなう。
  • サービスの提供内容に付随して、または関係なく脅迫、暴力、詐術等を用いてユーザーから料金を請求する。
その他法令・規約の違反
  • その他、特定商取引法、割賦販売法、消費者契約法、景品表示法などの各法令に抵触する行為。
  • SubscLamp利用規約各条項に抵触する行為。
  • サービスページ、またはサービスの規約に「(ユーザーに対し)一切の責任を負わない」旨の記載など消費者に不利な条項が書かれている。

3.禁止表現

各法令の定めに違反する表示や公序良俗に反する内容、他人が不快に感じる表示を行わないよう、十分にご注意ください。

なお、本件はサービスの説明文章は勿論、メールなどのテキストコミュニケーションや動画配信などを通じて契約者へ口頭で情報を伝えるケースなども含め、サービス運営のすべての過程において不適切な表現を用いないよう十分なご配慮をお願いします。